時刻表ジェネレーター

時刻表ジェネレーター(Time Table Generetor)

このソフトについて

このソフトは NextTrain ( http://office.toyolab.com/nexttrain/ )の時刻表データを 制作、編集するためのツールです。
また、駅.Locky( http://eki.locky.jp/ )仕様に基づいた色設定を行う機能が付いています。

※エディタ仕様外の情報は保存時に削除されます。詳細は”注意点”の項目を参照してください。

スクリーンショット

ttedit

□動作環境

 最低動作環境

 OS Windows(R) Vista,7,8,10 (32ビット版,64ビット版対応)

 画面 解像度 1024×768 (XGA) 以上のフルカラー


□インストール

 解凍したフォルダを好きな場所に移動またはコピーしてください。
 実行ファイルは"tbledit.exe"です。


□アンインストール

 プロジェクトファイルの関連付けをした場合はそれを解除してください。
 あとは解凍したフォルダを削除するだけです。

 *関連付けでレジストリを使う点以外は一切システムファイルに変更を加えていません。


□使い方

 ①時刻表の追加
 追加したい時間帯の+ボタンを押し、2桁の数字(0分台は0を最初に入力する)を入力するとその時間が追加されます。
 備考は備考欄の内容を反映します。
 ②時刻表の編集
 カーソルをクリックし、2桁の数字(0分台は0を最初に入力する)を入力するとその時間が変更されます。
 また、種別を入力して適用ボタンを押すことで、選択される種別情報が更新されます。
 ③備考欄の編集
 左側の備考欄を選択し、その上に表示される入力ボックスに内容を書き込むことで自動的に更新されます。
 Shiftキーを押しながら選択すると備考欄を入れ替えることができます。
 色ボタンには文字の色を設定することができます。(駅.Locky 仕様に基づきます。)
 ④曜日欄の編集
 編集したい曜日を選択し、その右側にある入力ボックスに曜日別フォーマットとタイトル行を入力します。
 ⑤時刻表のプレビュー
 右上にある表示をプレビューにすることで、時刻表のプレビューが行えます。


□ショートカットキー

 カーソルキー 項目の移動
 Ctrlキー 複数項目の選択
 BSキー 種別入力のクリア(入力モードはShiftキー)
 英字キー 種別入力の入力
 数字キー 時刻(分)の入力
 Shiftキー 押しながらだと大文字で入力
 <,Spaceキー 選択時刻と種別の項目をすべて選択する
 >キー 同一時刻の列車をスペースで区切る
 Shiftキーを押しながら備考欄を選択すると、備考の選択前の項目と選択後の項目を入れ替えます。

 他のキーはメニューバーに記載されています。

□注意点

 ※仕様外の情報は保存時に削除されます
 コメントと到着駅フォーマットは保存時に削除されます。
 タイトル行は1曜日フォーマットにつき最後の1行のみ保存されます。

 備考欄はa-z,A-Zの52種類まで保存できます。

 曜日テーブルは10種類まで対応します。それ以上は10番目と統合されます。

 同一時刻の場合はすべて集計されます。
 時刻表の文字数の制限数は100字までです。それ以上のデータは正常に保存されない場合があります。
 画面に表示される文字数は3字までです。
 時刻表フォーマットは時間順に並べ替えられます。

 そのほか、不明な情報は削除されます。

ヘルプが起動できない場合がある不具合を修正
□更新履歴
var 1.12(2015/12/21)
 Windows10に対応した
 その他細かい改善と不具合の修正
var 1.11(2010/05/23)
 色設定対象が常に一番上の項目しか設定できない不具合の修正
 色設定の再現性を修正
 ソースコードのオープン化を行った
 その他細かい改善と不具合の修正
var 1.10(2010/05/02)
 タイトルの変更が反映されていない不具合を修正
 ショートカットキーを分かりやすいように変更した
 時刻表のマージが正常に行われない場合がある不具合を修正
 時刻表の最適化機能を強化した
 その他細かい改善と不具合の修正
var 1.00(2010/04/29)
 色設定の初期設定がなされていない不具合を修正
 切り取り、コピー、貼り付け機能 を追加
 備考欄の記号に大文字を使用できるようにした
 同一時刻に複数の項目を設定できるようにした
 データのマージ、最適化機能を追加
 その他細かい改善と不具合の修正
var 0.80(2010/04/03)
 設定機能を付けた
 ウインドウ位置の自動保存を行うようにした
 項目の入れ替え機能を付けた
 ショートカットキーを追加した
 操作の反応を改善した
 その他細かい改善とと不具合の修正
var 0.50(2010/03/08)
 最初の更新

□著作権いついて

 このツールで作ったファイルの著作権は、原則的に製作者に帰属します。
 実行ファイルの著作権はSekiSekkiに帰属します。


□注意、免責事項

 このソフトを使って何らかの問題が起こっても、作者 SekiSekki は責任を負いません。
 また、不具合、セキュリティー等の対処に対する保証は致しません。
 動作信頼性の保証ができませんので、上記のことを理解した上でこのソフトを使用してください。

ダウンロード

ttedit112.zip

過去のバージョンのダウンロード

ttedit111.zip